ファンタビ黒い魔法使いの誕生の矛盾を考察!伏線か設定崩壊か?血の誓いのタイミングは・・?

タイトル下広告

スポンサードリンク







※この記事はネタバレを含みます

こんにちは。

ファンタスティックビーストの2作目であり最新作の

黒い魔法使いの誕生が大ヒットしていますね!

こんにちは。 この度、ファンタスティック・ビーストと 黒い魔法使いの誕生の新しい予告が解禁され、 ...
こんにちは。 ファンタスティック・ビーストと 黒い魔法使いの誕生が 2018年11月に公開され 大ヒットを記...

前作となる1作目の魔法使いの旅では登場しなかったダンブルドアを始め

ハリーポッターにも関連しそうなキャラクターも多数登場してきており

より一層ストーリーに深みが増しました!

ただその為か、ハリーポッターの設定と一部矛盾する点も露見してきており

ファンの間では未だに物議を醸しているようです。

今回は代表的な6つの矛盾について考察してみました。

・ダンブルドアの担当教科は変身術?闇の魔術に対する防衛術?

・ダンブルドアとグリンデルバルドが血の誓いをしたタイミングがおかしい

・マクゴナガル先生はまだ産まれていないはずだが。。

・動物に対するアクシオは。。

・オブリビエイトで消せない記憶

・クリーデンスの兄弟がダンブルドア?

さっそく見ていきましょう!

スポンサードリンク

ダンブルドアの専攻は変身術?闇の魔術に対する防衛術?

ダンブルドアと言えば「校長」のイメージが強いですが、

もちろん若い頃は一人の教授として

担当する教科がありました。

ハリーポッター内では下記の通り語られています。

グリンデルバルドとの決別の後、ダンブルドアは変身術の教授としてホグワーツ魔法魔術学校に戻った。

ただ今回の最新作では「闇の魔術に対する防衛術」の教授をしていますね。。

ダンブルドアはいったいどちらの担当だったのでしょうか。

ただこの場合「どちらも担当したことがある」という可能性もあります。

スネイプはずっと薬草学を担当してきましたが、

6巻で闇の魔術に対する防衛術の担当に変更になりましたね。

このようにダンブルドアもある時点で

変身術→闇の魔術に対する防衛術(→再び変身術?)と担当が変わった可能性があります。

ダンブルドアは魔法力も強く、たくさんの闇の魔法使いとも戦ってきたため、

闇の魔術に対する防衛術にはぴったりのイメージはありますね。

スポンサードリンク

ダンブルドアとグリンデルバルドが血の誓いをしたタイミングがおかしい

今回「血の誓い」という新しい魔法が登場しました。

ダンブルドアとグリンデルバルドは血の誓いをしたことにより

お互いに戦うことができなくなりました。

その為、グリンデルバルドはクリーデンスを仲間にし、

ダンブルドアと戦わせる・・・という映画のストーリーに繋がっていきます。

ではいつ「血の誓い」を行ったのか。

ハリーポッター内で語られている

ダンブルドアとグリンデルバルドのストーリーは下記になります。

・1899年 妹アリアナの看病の為、ダンブルドアはゴドリックの谷に戻る

・同じくゴドリックの谷に来ていたグリンデルバルドと出会い、仲を深める

・アリアナの世話をほったらかしにしたダンブルドアに対し、弟アバーフォースが激怒し、3人での激しい決闘(ここ重要)となる

・決闘の混乱の中、アリアナが死亡。グリンデルバルドは打ちひしがれたダンブルドアを残し逃亡

血の誓いではお互いに戦うことができなくなるため、

「3人の決闘」時にはまだ血の誓いはしていないはずです。

決闘後にグリンデルバルドはすぐに逃亡したことになっているので、

その後二人は会っていないはずです。

無理やり考えるのであれば、

アリアナが死亡し、打ちひしがれたダンブルドアとさくっと血の誓いを行って

グリンデルバルドは逃亡

ということになりますね。

血の誓いの場面、そんな状況には見えませんでしたが。。

次ページに続きます!

関連記事



スポンサーリンク







シェアする

フォローする