河原尚子wikiプロフィール!京都陶芸シオネとは?結婚した旦那や兄について!セブンルール

スポンサードリンク

こんにちは。

この度、セブンルールに陶板画作家の

河原尚子(かわはらしょうこ)さん

出演されます。

河原尚子さんは、江戸時代から

6代330年続く、京都の茶陶

「真葛(まくず)焼」の窯元生まれ。

跡継ぎにはお兄さんがいたので

陶芸はしなくてよい、と

箱入り娘として大切に育てられたそうです。

そんな河原尚子さん、

やはり血は争えないといいましょうか

陶芸家としての道を選び

自身の器ブランド「SIONE」シオネ

立ち上げられました。

国内外から注目を集める

素敵な作品ばかりだといいます!

河原尚子さんについて

見ていきましょう!

河原尚子wiki経歴プロフィール!

河原尚子のブランド「シオネ」の作品について

河原尚子が結婚した旦那(夫)は?

河原尚子の兄弟は?

河原尚子wiki経歴プロフィール!

生年月日:1980年

年齢:38歳

学歴:同志社女子短期大卒

趣味:写真撮影、映画鑑賞

https://www.kyoto-np.co.jp/info/keizaitokusyu/mylife/20170212_9.html

短大卒業時、友人の父に勧められ焼き物の道へ。

職業訓練校などで基礎を身に付けた後、

佐賀県武雄市の陶板画家に弟子入りし、

陶板画作家の活動を続けつつ、

デザイン力を身に付けるために

ウェブデザインの会社にも勤務。

そして2009年に自身のブランド

「SIONE」を立ち上げたといいます。

河原尚子は先に記述したとおり、

箱入り娘として育てられて

外に働きに出ずに家事手伝いをするように言われ

反発して髪を黄緑色に染めることもあったとか。

黄緑色ってすごい色ですよね!

今は黒髪のいわゆる京都美人ですが、

当時の写真や画像を見てみたいです!(笑)

河原尚子のブランド「シオネ」の作品について

「読む器」としてストーリーコンセプトがあったり

季節を感じる美しい器がサイトにありました。

KIKI-季器-

月替わりの豆皿とお干菓子のセット。
日本の移り変わる季節や時節に合わせ、

日本に生まれて良かったな、と

感じられるよう器を通した時間をご提案しています。

http://store.si-o-ne.jp/?mode=cate&cbid=2281665&csid=0

個人的にはこのシリーズがとても可愛く

インスタ映え的な意味でも

気に入りました!

12か月そろえたくなりますね~^^

お店は京都だけかと思いきや

東京の表参道や大阪、福岡

そして中国、台湾にもありました!

実家からの金銭援助や

百貨店などのルートの支援も

やはりあるのでしょうか!?

また、オンラインショップでも購入が可能で

引き出物や出産祝いなどにも

ぴったりなギフトとなっています。

次ページは

結婚した夫や子供、実家の跡継ぎの兄について!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする