長谷川薫は何者で経歴は?通報に6時間で机の位置を知っていた理由は?悠仁さま刃物事件!京都出身で平塚で逮捕!

タイトル下広告

スポンサードリンク







こんにちは。

この度、悠仁さまナイフ事件の

犯人が逮捕されました!

京都府出身の長谷川薫(56)容疑者

神奈川県平塚市のホテルに

潜伏していたそうです。

無事に逮捕され一安心

といったところですが

色々と謎が多い事件で

ネット上を騒がせています。

この事件について

警視庁に連絡が入ったのが

包丁が見つかってから

6時間も経っていた謎、

長谷川薫容疑者が悠仁さまの机の位置を

どうして知りえたのか、

調べてみました。

  • 悠仁さまナイフ事件 長谷川薫容疑者逮捕!
  • 刃物発見から6時間も経過していたのはなぜ?
  • 犯人が悠仁さまの机を知った方法は?

スポンサードリンク

悠仁さまナイフ事件 長谷川薫容疑者逮捕!

長谷川薫(56)容疑者の

プロフィールや経歴については

情報が入り次第、追記します。

犯行について認め、

「(悠仁さまを)刺そうと思った」

「天皇制や、皇位継承のあり方に不満があった」

と供述している模様。

秋篠宮ご夫妻の長男、

悠仁さまが通われる

お茶の水女子大付属中学校

(東京都文京区)に何者かが侵入し、

悠仁さまの机の上に刃物が

置かれているのが見つかった。

事件は26日昼ごろに発覚。

刃の部分がピンク色に塗られた

果物ナイフのような2本の刃物が、

アルミ製の棒に粘着テープで

固定された状態で、

悠仁さまの机と隣の机に

またがるように置かれているのを

教員が見つけた。

https://www.sankei.com/affairs/news/190429/afr1904290024-n1.html

捜査関係者によると、

防犯カメラの画像などから男が浮上。

中学校近くの地下鉄の駅のカメラに

よく似た人物が写っていたことから、

カメラ画像をたどるなどして

移動経路を特定した。

29日夜、神奈川県平塚市内で

身柄を確保した。

校内の複数の防犯カメラに同日昼前、

ヘルメットをかぶり、

上下青色っぽい作業着風の服を

着た男が写っていた。

https://www.sankei.com/affairs/news/190429/afr1904290024-n1.html

刃物発見から警視庁まで6時間経過!なぜ?

捜査関係者への取材で正午頃に

学校の職員が包丁を発見してから、

警視庁に連絡するまでに

およそ6時間が経過していたことが

分かりました。

包丁は刃の部分がピンク色に

塗られていて、

危険なものとは認識せず、

職員室で保管していたということです。

https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0429/tbs_190429_5902164098.html

ビックローブの記事に

気になる内容がありました。

6時間も経過していたというのです。

この記事だけみると、

刃の部分がピンクだったから

危険なものではないって

かなり無理があるような感じしますね。

危険かどうかを色で判断って・・・

スポンサードリンク

犯人が悠仁さまの机を知った方法は?

男は、机に貼られた

名前のシールを見て

悠仁さまの席を把握したと

みられています

https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0429/tbs_190429_5902164098.html

中学内部に内通者、協力者がいたのでは?

などという声もありますが

悠仁さまが通われている

お茶の水中学には机に名前のシールが

貼られているようです。

筆者は中学時代、

机に名前なんて無かったと思います。

ただ席次表は教卓にあった気がします。

名前のシールを見て席が分かったのは

理解できますが、

その前の教室、クラスを特定するまでは

どうしたんでしょう?

そして当時、悠仁さまら生徒たちは

教室外で授業を受けていたというので

そのことも(時間割り)を

知っていたのでしょうか?

水道工事の業者に扮していたといいますが

何日か前から違う姿で出たり入ったりして

情報を集めたのか

やはり協力者がいたのか・・・

京都府在住ということも気になりますよね。

この犯行のために出てきたのか

しばらく前から潜伏していたのか・・・

悠仁さまを狙った?犯行ということで

大きく取り上げられていますが、

中学生の生徒ら全員は本当に怖い思いをしましたね。

簡単に刃物を持った不審者が入れるということが

分かってしまったのですから・・・

※情報が入り次第更新していきます。

関連記事



スポンサーリンク







シェアする

フォローする