安斉かれんが可愛いけど何者?wikiプロフィールや人気の理由は?Instagram画像と海外の反応がヤバい!浜崎あゆみの再来か?

タイトル下広告

スポンサードリンク







こんにちは。

今回はエイベックスから

歌手デビューすることが発表された

安斉かれん(Kalen Anzai)さん

ついて調べてみました!

デビュー曲は

『世界の全て敵に感じて孤独さえ愛していた』

2019.5.1令和元年1日リリース!

また、人気メイクアップブランド

M·A·C JAPANが店頭コレクションの

モデルとしてもオファー!

その広告を見てみると、

かれんさんの可愛いけれど凛とした印象が

MACのイメージにピッタリですね。

安斉かれんさんについて調べると、

ポスギャル、次世代ギャルなんて単語が

出てきますが…

一体何者?誰?経歴は?

どこから出てきたの?

人気の理由は?

なんて疑問が山のように出てきます。

気になるwiki経歴プロフィール情報を

調べてみました!

  • 安斉かれんwikiプロフィール!
  • 安斉かれんは何者?人気の理由は?
  • 安斉かれんのInstagram画像は?
  • 安斉かれんのデビュー曲の海外の反応は?

安斉かれんwikiプロフィール!

画像元:Twitterより

名前:安斉かれん(あんざい かれん)

本名:?

生年月日:1999年

年齢:19歳

出身:神奈川県藤沢市

高校:?

大学:?

謎に包まれたかれんさんの

プロフィールですが、

分かっている経歴としては

2019年3月にエイベックスが出店した

次世代ギャルショップ

「RELECT by RUNWAY channel Lab.

(リレクト バイ ランウェイ チャンネル ラボ)」

の店員として店舗に出ていたようです。

そのRELECTを通じて

MACにスカウトされたとか。

日本限定発売のリップリップスティック
ルビー ウー トーキョーはこちら!

今後、プロフィールの詳細は

デビュー曲がリリースされてから

明らかにされていくと思いますので

追記したいと思います。

スポンサードリンク

安斉かれんは何者?人気の理由は?

今のところプロフィールもほとんど

分かっていないので、

結局、安斉かれんさんは何者なのか?

安斉かれんさんの人気の理由は?

という疑問が残ります。

そこで、

次世代ギャル(ポストギャル)の

セレクトショップ『RELECT』の狙いに

注目すると全貌が見えてきそうです。

エイベックスは、

1990年代に大流行した「ギャルブーム」

ここ最近じわじわと再熱していることに注目し、

「次世代ギャル(ポストギャル)」という

新しい時代の渋谷カルチャーを『RELECT』を

足掛かりとして作り出そうとしているようです。

参考元:https://mdpr.jp/news/detail/1826385

「未来の90年代」をコンセプトにした店舗

画像元:https://www.shibukei.com/headline/13964/

そして、世界に向けて

日本の渋谷ギャルカルチャーの発信を

目的としている!?

ちょっと前ですが、

きゃりーぱみゅぱみゅなどを中心に

原宿カルチャーが世界的に注目され、

『原宿KAWAII』は世界共通言語の

ようなものになりました!

なので、

安斉かれんさんは

渋谷のギャルファッションアイコンとして

選ばれしアーティスト!?

ポストきゃりーぱみゅぱみゅかも!?

渋谷の再開発が進んでいますし、

東京オリンピックもあるので

それに向けて動き出しているのかな

と思いました。

今現在、日本でめちゃくちゃ人気があるというより、

(実際、スタイルも良くて可愛いし

綺麗な顔立ちなので普通に

人気があると思うんですが)

今後、海外で「渋谷ギャル文化」を流行らせてから

日本に逆輸入するパターンかもしれませんね。

インスタ映え抜群の店舗情報はこちら!

RELECT by RUNWAY channel Lab. – Trailer Movie –

リレクト バイ ランウェイ チャンネル ラボ
期間:2019年3月16日(土)〜5月中旬
場所:東京都渋谷区宇田川16-15 SR6
営業時間:11:00〜20:00
定休日:水曜日

https://www.fashionsnap.com/article/2019-03-07/relect-by-runway-channel-lab/

安斉かれんさんのInstagram情報や画像、

浜崎あゆみっぽい!?デビュー曲

『世界の全て敵に感じて孤独さえ愛していた』

については次ページです!

関連記事



スポンサーリンク







シェアする

フォローする