我妻ゆりかの耳の難聴度は?補聴器のメーカーは?手話はできる?

タイトル下広告

スポンサードリンク







「補聴器をつけた天使」と言われている
Gアイドルの我妻ゆりかさん。

生まれつき感音性難聴という
ハンデを持ちながらも、
Gアイドルとして活躍中です!

彼女のかわいいビジュアルと
キャラクターに惚れること間違いなしです。

我妻ゆりかさんのプロフィールや
難聴度合い、つけている補聴器の
メーカーなど気になる情報を紹介します。

  • 我妻ゆりかのwiki経歴プロフィール!
  • 我妻ゆりかの耳の難聴度は?
  • 我妻ゆりかの補聴器のメーカーは?
  • 我妻ゆりかは手話できる?

スポンサードリンク

我妻ゆりか のwiki経歴プロフィール!

名前:我妻 ゆりか(わがつま ゆりか)
本名:我妻 ゆりか(わがつま ゆりか)
生年月日:2000年5月15日
年齢:20歳
出身:千葉県
身長:161㎝
体重:非公開
スリーサイズ:B86、W62、H89
血液型:不明
大学:不明
所属:ゼロイチファミリア
職業:Gアイドル
特技:本の早読み、サッカー、バスケットボール
趣味:読書、水族館や動物園に行くこと

我妻ゆりか の耳の難聴度は?

我妻ゆりかさんは、
生まれつきの感音性難聴です。

雑誌には、異例の補聴器をつけたまま
撮影した写真が載っています。

難聴というと何も聞こえないし、
話せないというイメージがありませんか?

しかし、感音性難聴とは全く音が聞こえない
ということではないようです。

感音性難聴とは、聞こえる範囲の音が狭まったり、
音がぼやけて聞きとりずらかったりする難聴のことです。

生まれつき感音性難聴であった場合も、
発音の練習などを子供の頃から訓練していれば、
話してコミュニケーションを取ることは
可能になるんです。

我妻ゆりかさんも3歳頃から「聞こえ」の教室に通って
発音などの練習をしていたようです。

なので、メディアに出演されている時も
自然に会話することができています。

補聴器があれば、
日常生活は普通に過ごせるレベルのようですね。
スポンサードリンク

我妻ゆりか の補聴器のメーカーは?

我妻ゆりかさんの付けている補聴器のメーカーは、
oticon(オーティコン)です。

こちらのメーカーは、小さい時から愛用してるようです。

我妻ゆりかさんは、「oticon(オーティコン)」の
トークショーイベントにも出演されたことがあります↓

最新補聴器で聞こえが変わる。 日常も変わる。

補聴器は彼女にとって身体の一部のようなものでしょうから、
メーカーへの信頼も厚いでしょうね。

我妻ゆりか は手話できる?

我妻ゆりかさんは、
手話については勉強中だそうです。



難聴の方の会話の手段は
手話かと思っていたのですが、
我妻ゆりかさんは幼少期から
訓練されていて言葉を使えるので、
手話がなくてもコミュニケーションを
取ることができていたんですね。
スポンサードリンク

まとめ

我妻ゆりかさんのプロフィールや
付けている補聴器のメーカーなどを紹介しました。

感音性難聴というハンデを抱えて、
今まで色々な苦労や努力をされてきたと
思います。

今後の活躍が楽しみですね♪

関連記事(PC)



スポンサーリンク







関連記事



シェアする

フォローする